Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
福ちゃん・新見修さんライブ
0

    ストリートシャッフルの福ちゃんと16番街倉庫の新見修ちゃんが大分市大手町のライブハウス「ワムアムカフェ」で対決、というと大げさですが、それぞれの個性を生身で正面からぶっけ合ったライブというより音楽の小劇場のような場を観てきました。

    ライブハウスなので当然PA装置などは完備していますが「これくらいなら生音の方がいいよね」の私のひと声にのってきた2人。マイクはスタンドごと脇へ片付け、中央にアコースティックギターを手にして動けるゾーンを作りすべて生音で勝負します。

     

    まずは福ちゃん、ストリートシャッフルのヴォーカルとしてバンドで、ピアノの高妻さんなどと組んだユニットとして、今回のように一人の弾き語りで、また昨年末12月28日にはブリックブロックで音楽による一人芝居に挑戦するなど年々活動の幅と深みを増しています。そして今回はまた、これまでと違った実験的ライブを披露して私たちを驚かせました。ここでも何度か取り上げた、昨年のキネマ旬報ベストワンに輝いた映画『この世界の片隅に』を題材にした意欲作です。

    やっと時間が取れ今月3日にこの話題作を観た夜、お風呂に入っていたところ突然音楽の神様が舞い降りてきたそうです。この映画のサウンドトラックを作曲するとどうなるか!場面ごとに言葉がわいてきて、それぞれにメロディーをつけ、最終的には8曲完成。といっても7曲目と8曲目だけが完全に独立した作品で、あとの1〜6曲は1分あるかないかの短編です。例えば映画の舞台となった広島・呉をテーマにしたもの、幼い時から主人公すずが好意を持っていた哲さんのこと、夫の周作さんのこと、すずが子どもの頃から大好きで才能もあった猊舛瓩海箸覆匹鬟董璽泙肪擦せ蹐砲泙箸瓩討い泙后まず会場のお客さんにその詩を朗読してもらい、そのあと彼が曲にして歌うという段取りで進み、最後の7・8曲目はひとり唄いで終了という構成でした。私自身はこの映画は2回観ていますのでシーンが鮮やかによみがえり、こういう音楽ドラマもあるのだなと納得しました。ただ映画を観てない人はどうなんでしょう、少し内容に入り込める領域に差がでるのでは?皆さんが共によく知っている作品だとまた違った反応があったかも知れません。

     

     

     

     

    そして後半は2人組ユニット・16番街倉庫の新見修ちゃんの弾き語りです。修さん、実は前もって決めていたこの日の選曲は前半の福ちゃんのライブに触発されすべて白紙に。手元の作品集からその場の気分に合わせぶっつけ本番で立ったままギターをかき鳴らし1時間骨太の人生を語りました。いや聞く人に問いかけたといった方がいいかもしれません。1960年代後半から関西を中心にフォークキャラバンやフォークキャンプという形で日本にも根付いていったメッセージソング、あの加川良・豊田勇造・高田渡・中川五郎などを彷彿とさせる圧倒的なパワーを持った歌唱力とギターワーク、合わせて見せるエネルギッシュな動き、とても還暦を過ぎた人間とは思えない存在感ある歌を私たちに次々と投げつけてきました。

    手法は異なりますが2人に共通するのは狎鐐茵,垢襪福瓩箸いΧい思いです。立ち上がる時が来れば立ち上がるぞ、という宣言のようにも聞こえました。

     

     

              穏やかな表情だが話している内容は結構、刺激的

                激しい動きは私のカメラでは殆ど撮影不可

    posted by: ちあやほーぶん | - | 06:53 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    千綾さん、先日は新見さん、おふくさんのライブにきていただき、ありがとうございました&#8252;(^o^)
    千綾さんがいると、なぜか演者さんも生音になります。挑んでいるような、ほんとの力を見てもらう、先生と生徒ののような…そんなふうに感じます。(⌒‐⌒)
    いい緊張感でした。
    | ワムアムカフェ | 2017/01/30 3:33 AM |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1096
    トラックバック