Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「次はこんな問題になります」
0

    今朝の大分は現在小雨で道路が少し濡れているくらいで寒さもそんなに厳しくありません。全国的には相変わらず寒気団が覆っていて各地で大雪のニュースが流れています。外出が面倒な時は普段あまり見なくなったTVのスィッチを入れます。TVと言えば、昔よく見ていたTBS系TVのクイズ番組に「東京フレンドパーク」というのがありました。

    今は冬と夏の時期にTBS系番組対抗スペシャル番組として放送しているようです。

    で、何となく今年のスペシャル番組を見ていて気になったのが、出題者・副支配人の渡辺正行さんがクイズを出題するたびに使っていた「次はこんな問題になります」の「〜になります」という言葉です。

    支配人の関口宏さんもかなりのお年ですが渡辺さんも結構な年齢ですよね。こんな年代の人もこうした場面でこの言葉を使う時代になったのだ、と変なところで今の言葉を再認識しました。

    なぜ「次はこんな問題です」と言わないのでしょう、確か昔のレギュラー時は「問題です」と言っていたはずなのですが。そして番組アシスタントの女性も「〜にお話しいただくのはこちらになります」とごく当然のようにこの言葉を使っていました。

    ネット時代とはいえまだまだ影響力の大きいテレビから、こういう風にごく自然な形で伝わってくる言葉は無意識のうちに私たちの中に居座り何の抵抗もなく一般人の言葉として定着していきます。

     

    居酒屋さんで「お待たせいたしました。こちらが湯豆腐になります」とお店の女性。この場合「湯豆腐です」「湯豆腐でございます」の方がしっくりきませんか?なんでわざわざ「〜になる」を使うのでしょう。

    「こちらがご注文の品物になります」、この「〜になります」は今や、敬語の中の丁寧語の「です」と「ございます」の中間に位置付けられるほど、ひんぱんに耳にするようになりました。

    「この事がきっかけとなります」と「この事がきっかけです」では表現に相当違いがありますよね。

    よりていねいな気持ちが相手に伝わるためにも「です」「ございます」をもっと大事に使って欲しいと思うのです。

    それにしても相変わらず「敬語もどき?」「敬語まがい?」のマニュアル言葉は止まりませんね。

    レストランで注文の品が運ばれてきました。「おまたせしました。こちらが○○になります。以上でよろしかったでしょうか

    コンビニのレジで「千円からよろしかったでしょうか。レシートのほうよろしかったでしょうか」と

    posted by: ちあやほーぶん | - | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1287
    トラックバック