Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「10円不足」で戻った年賀状、新聞の投書から
0

    1月26日の新聞の投書欄に、昨年の暮れ お年玉付き年賀切手を貼ったハガキを出したところ1月3日にそのうちの2通が「10円不足」で戻ってきた、というのがありました。相手が狒喘罩瓩世辰燭燭瓩祝いの言葉を控えつつもせめてごあいさつだけでもと「寒中見舞い」として出したところ「寒中見舞い」は賀状ではなく通常のハガキ扱いのため10円不足するというのが郵便局からの返事だったそうです。

    確かに郵便局からは何度も「年賀ハガキを1月8日以後に差し出される場合、10円分の切手を貼り足していただく必要があります」という注意文書が届いていました。この投書の方は1月7日までなら52円の年賀切手で届くと思っていたとお書きになっていますが、私もそう理解していました。

    年が明けて1月7日の締め切りぎりぎりなら少しは分らないでもありませんが、あの年末暮れの年賀ハガキが大量に投函された時期によくもまあ文面を精査したものです。というか膨大なハガキの中からどうやって選別するのでしょう。そういう選別機が開発されて使っているとか・・・。まさか人間の目視で一枚一枚なんてことないですよね。時間と手間を考えるとこれほど無駄な人件費はありません。一枚回収して再び投函者の家へ配達する、どう考えてもこんな事にこれほどの手間暇をかけるなんて今の一般企業の常識では考えられません。「決まり」とはいえ「ここまでやるの?」との思いから、実際にはどう対処しているのか気になりました。

    何でこの投書にこだわったかといいますと、実は我が家に事務局を置いている会からのメッセージを未使用の年賀ハガキを使って1月5日に何通か発送したのですが、下書きの文面をハガキに印刷する際、「明けましておめでとうございます」で始まる文章に私が「もうこの言葉ははずしていいのでは」というと、かみさんが「いや1月7日までは必要なんじゃないの?」と返してきたのです。あの時もしも最初の一行を外していたらやはり「10円不足」で戻ってきたのだろうと思ったからです。

    民営化されて随分経過したのにまだこういう対応ができるほど余裕はあるのですね。純民間では考えられないし、ハガキや手紙が少数派になってきた時代に相変わらずこんなことをやっているなんて信じられませんでした。

    posted by: ちあやほーぶん | - | 06:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1289
    トラックバック