Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
クラリネットの多彩な音の魅力
0

    「エルネスト・オッテンザマー メモリアルコンサート『ザ・クラリノッツ』」を聞きに音の泉ホールに行ってきました。世界二大オーケストラといわれるウィン・フィルとベルリン・フィルで兄のダニエルはウィン、弟のアンドレアスはベルリンのそれぞれ首席クラリネット奏者を務める世界最高峰のクラリネットの音。楽器の中でも広い音域をもち、高い音は鋭く低い音は聞く人の心を包み込み、その広い音域を自由自在に手繰る超絶技法の兄弟。それにピアノが加わりリラックスした雰囲気の中で繰り広げられる息のぴったり合ったアンサンブルは絶妙でした。どうしたらあんな音がでるのでしょう。珠を転がすようなきれいな高音が続くかと思うと低音を鋭く切り取ってタンキングで連続させる。これが生身の人間のできる技なのでしょうか?

    『ザ・クラリノッツ』は2005年にウィーン・フィルの首席クラリネット奏者エルンスト・オッテンザマーと2人の息子ダニエルとアンドレアスで結成した親子クラリネット・トリオです。その後、昨年夏に父親のエルンストが急逝し、今年からピアニストのクリストフ・トラクスラーが加わってメモリアルコンサートとして演奏活動を行っています。実は2016年に10年ぶりに来日した折、福岡シンフォニーホールで彼らの演奏を始めて聴いた時からすっかり虜になってしまい、その後、我が家の車の中のCDから流れる曲は彼らの曲ばかりです。

    父親亡きあと、兄弟と同年代のピアノが加わりましたのでクラリネット・トリオ時代とはまた違った構成のプログラムでした。例えばクラリネットとヴィオラとピアノのために書かれた2作品を、ヴィオラのパートを兄のダニエルがバセットホルンに置き換えて演奏したり、他の2曲では第3楽章や第2楽章にジャズの語法が使われていて表情豊かな演奏が楽しめました。極めつけは2本のクラリネットだけで演奏したプリンツの「クラリネットのためのディスカッション」で、ここでは楽器同士が楽しく会話していましたしプログラムの最後に演奏したポピュラーミュージックとしても有名な「ティコ・ティコ」の軽快なアップテンポのリズムには会場からも大きな手拍子が返って来ました。そして、そのまま鳴りやまない大分の皆さんの温かい拍手に何と3曲もアンコールで応えてくれました。お隣の席の若い女性は慣れなかったのでしょう、最後の方は手に力が入らないほどのお疲れの様子。前から3列目の中央の席に座っていたのですが、周りには今まさにクラリネットに触れているであろうと思われる中学生や高校生の姿が大勢見受けられました。このすごい人たちの生の演奏には相当刺激を受けたのではないでしょうか。

    ネットで調べてみると、火曜日が大分、水曜日は東京の三鷹、木曜日は同じく東京の浜離宮ホールとなっていました。前回は福岡まで行きましたが、今回は初公演の大分、しかも入場料も手頃なお値段です。いいちこ総合文化センター20周年おめでとうございます。そして本当にありがとうございました。大分公演の翌日から、会場で買って帰った彼らの新しいCDから曲が聞こえてきています。繊細でていねいで、そして息を呑むような演奏、時にはせつなくて涙が出そうな演奏です。

     

    posted by: ちあやほーぶん | - | 13:57 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    千綾さん、はじめまして。映画、本、その他の活動を拝見しています。
    7月2日,桂歌丸さんが、亡くなられたニュースで、高座のイントネーションは,NHKのが正しいのでしょうか。
    私は、一般人です。が、千綾さんに、伺ってみたく、メールしました。こんなコメントですみません。
    | sorako | 2018/07/02 9:18 PM |
    sorakoさま
    お尋ねの件、少し長くなりますのでブログ本体に書きました。これからネットやメール時代がもっと進みますので文化としての日本語の扱いを国の方針としてどうするのかをその時々の状況に合わせて迅速に対応してもらいたいものです。
    | ちあやほーぶん | 2018/07/04 8:07 AM |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1363
    トラックバック