Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ひな人形、男びなと女びなの座る位置
0

    今日3月3日は桃の節句です。先月このブログで紹介した坂本司さんの「アンの青春」で京都と東京でお雛様の並び方が違うということを初めて知ったと書きました。というか我が家の子どもが小さい時、毎年2人の娘のために七段飾りのお人形や道具類をあんなに苦労して飾り付けていたのに興味がなかったのでしょう、前年を参考に格闘したことしか覚えていません。そしてこんなに時間が経った今頃、一冊の本で座る位置が違うと知ったのです。そう言われてみて改めてお雛様の座る位置を確認してみると確かに違っています。

    まず、我が家の玄関の飾り棚に飾られている季節に合わせて張り替えている日本タオルの絵柄です。

     

     

    ここでは男びな、殿様が向かって右側に座っています。ネットで調べてみると「君子は南面し、左手・東側が上位(陽射しを東より受ける)」、犧絃絨稔瓩悩造襪里播租的には見る方は向かって右側が男びなということになります。この形が今でも京都御所をはじめ関西に多く残っているということです。残っているというのは関東を中心に全国的には男びなは向かって左側に座るというのが多数派だからです。

    明治時代 西洋の流れを受けて国際儀礼である牘Δ上位瓩箸い考え方が取り入れられるようになり、大正天皇の即位の礼で洋装の天皇陛下が西洋スタイルで皇后の右に立たれてことから全国的に広まった、という説。あるいは昭和3年の昭和天皇御大典の際に天皇が西洋にならって向かって左側に立たれたため東京のひな人形卸商組合がこれを機に男びなを向かって左側に飾ることを決め全国的に広まった、しかし歴史の町・京都ではその後も昔のしきたり通り向かって右側に男びなを飾っている、などと説明されていました。

     

    熊本・人吉のソバ屋さんのひな人形、殿様は向かって左

     

    そして男びな・女びなの位置だけではなくその他にも関東と関西でひな飾りに違いがあることも初めて知りました。まず、調度の道具類も関西では公家の嫁入り道具、関東では武家の嫁入り道具を模したものが多い。大きく違うのは五人囃子で、関西は雅楽、関東は能のはやし方を模している、というのです。さらにお姫様の顔つきも、関西は切れ長の目に鼻筋の通った高貴な細面のいわゆる京美人、一方関東は目が大きめで口元がかすかにほころびふっくらしたお顔が好まれるということです。そう言われてみると確かにいろいろ違います。興味のあるなしでこんなにも世の中が違ってみえる、あたり前のことを恥ずかしながらこの年になって改めて思い知ったところです。次女のところの孫も今年の8月で3才になります。金沢の長女もずっと気にしていますので、押し入れで何十年もじっと出番を待っている我が家のおひな様たちにもぜひ来年はご登場願おうかと思っています。さてさて無事なのかどうか、七段飾りの最上段のお二人、我が家はどちらの並びでしょう。

    後日、大分のトキハデパートのひな人形の売り場を訪ねてみました。

     

    全て向かって左が男びな、お店の方はどちらでもいいと言っていました

    このお二人も向かって左がお殿様です

    五人囃子を確認したくて七段飾りを探しましたが

    今では三段飾りまでしか置いていませんでした。

     

     

    posted by: ちあやほーぶん | - | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1487
    トラックバック