Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
桜満開、「桜」のアクセント
0

    前回の新元号「令和」のアクセントは頭高型でも平板型でもかまわないということですが、今 見頃を迎え前線が北上している「桜」は平板型でどこにもアクセントはつきません。これを頭高型の「さ」にアクセントをおくと寅さんの妹のような「さくらさん」と名前になってしまいます。

    去年夏のこのブログにご覧になっていた方から質問が寄せられました。桂歌丸師匠が亡くなったニュースで「高座」のアクセントをNHKのアナウンサーが何度も「こ」を強調した頭高型で言っていましたが、あれは正しいのですか?というものでした。私たちが日常よく接する「こうざ」は「講座」「口座」が多く、これは平板型アクセントといってどこも強めないフラットな無アクセントの平板読みです。ところが「高い」がついた「高座」は「こ」にアクセントがくる頭高型です。「こうざ」と聞くと普段は平板型の言葉を聞き慣れていますので頭型アクセントを聞いて違和感を持たれたのでしょう。「高山」「高度」なども「こ」を強める頭高型アクセントです。

     

    ところで今年に入って3か月、気になるアクセントが増えてきたように感じています。先ほどの「高い」がついた「高架」を無アクセントの平板型で読んでいるNHKのニュースアナがいました。完全にそう思い込んでいるようでそのニュースで何度も平板型アクセントで読み続けていました。「こうか」の平板型は「降下」しかありません。「効果」「校歌」「高価」「硬貨」「工科」「硬化」「考課」もちろん「高架」も「こ」を強調した頭高型アクセントです。

     

    同じように「さて、この物体の正体は?」の「正体」は「招待」と同じく「し」を強調する頭高型アクセンです。これも何と平板型で読んでいました。平板だと「小隊」になってしまいます。

     

    逆のケースもいくつかありました。「背景」は平板型ですがこれを頭高型で読んでいました。頭高型だと「拝啓」の意味になってしまいます。同じく「相続」も平板型ですがこれを頭高型で読んでいました。頭高型だと「僧俗」あるいは「宗族」になってしまいます。

    いうまでもなく例えば「はし」は平板型では「橋」、頭高型では「箸」のように日本語はアクセントの違いによって全く違った意味の言葉になります。こんなことは基本です。我々の現役時代は外部から指摘される前に上司や年長者から徹底的にモニターされていました。プロとしての自覚があるかないかと。大きな影響力をもっているのだと。私が担当しているセミナーにも大分に留学などでお住いの中国や韓国の方が通ってきますが彼らの実践的なテキストはNHKなのです。日本人でさえNHKがそう言っているからとアクセントの参考にしている人は多いですよね。

     

    その他、中高型アクセントを平板型で読んだりしゃべったりしているケースも多々見られました。例えば「自転」は平板型ですが「自転車」は中高型ですので「テ」の次の「ン」から下がります。「卵」も「タマ」の次の「ゴ」が下がります。ところが両方共、平板型で読んでいました。また「ズボン」も中高型なので「ズボ」の次の「ン」が下がりますが、これを「ズ」の次の「ボン」を下げた頭高型で読んでいました。

    現役引退後はそんなにいつもニュースを見ているわけではありません。ほんの時々見るだけなのに、あれっ!と違和感を覚える言葉やアクセントによく出会います。いつも感じているように恐らくチェック機能が落ちている、そこに人を配置できないという理由からではないかと思われます。日本だけではありません、政治に携わっている人々のおそまつさ、というか言葉の貧弱さが一般社会に反映しているのでしょう。それにしても専門職のプロといわれる立場の皆さんです、ちょっと調べればいいだけなのに・・・とはがゆい思いでニュースを見ています。恐らく牋穗卒境瓩魎兇玄茲襯札鵐機爾働きが弱まっているのでしょう。

     

    posted by: ちあやほーぶん | - | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1491
    トラックバック