Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
樹木希林 「一切なりゆき」
0

    昨年9月に亡くなった個性派大女優が生前残した膨大な言葉の中から特に彼女流狎犬方のエッセンス瓩魄媼韻気擦襦措木希林のことば〜が集められた一冊です。昨年12月に初版が発行されたあと、今もなお書店の特等席に陣取りベストセラーを続けているそうです。「求めすぎない。欲なんてきりなくあるんですから」「しっかり傷ついたりヘコんだりすれば、自分の足しや幅になる」など、飄々としてユーモアたっぷりで味わい深い、真理をついていて心に響く、といった名言が並んでいます。もちろん前回ここで取り上げた夫である内田裕也さんのことも触れています。長い別居生活を送っていた夫婦ですが「主人はとっても人を生かすことができる人間なんです」「お互いに中毒なんです。主人は私に、私は主人に」「実は救われたのは私の方なんです」「存在をそのままに、あるがままを認める」「言葉ひとつで、人が、長い歴史の夫婦が癒される」「向こうが悪いんだと言い続けて、何が生まれるのでしょう」「あのとき、離婚しなくてよかった」、前回からの流れで内田裕也さんとの接点の言葉を一部書き抜きましたがこれは第2章「家族のこと」に記されています。第1章「生きること」、61才で乳がんに罹患し70才の時に全身がんであることを公表した第3章「病のこと、カラダのこと」、第4章「仕事のこと」など6章にわたって常に洞察を忘れず、前向きさを貫いた独特な生き方が伝わってくることばがつづられています。彼女は生涯たくさんのTVや映画に出演していますが、人生の最終章に近いころに出た映画『万引き家族』『あん』『モリのいる場所』など殆どの作品を視覚障がいの皆さんとご一緒した同行鑑賞会で観ていたことに気がつきました。苦しい時、心が重い時、気分がすぐれない時にちょっと手に取って読めばきっと肩が軽くなる、というか救われそうな一冊です。

    posted by: ちあやほーぶん | - | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1501
    トラックバック