Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
犒審╂と草木染瓠ゝ醗羮拭\色展
0

    私たち民放クラブの仲間であり、これまで日展に16回入賞している日展会友の型絵染作家・吉井梢さんの染色展が今、大分駅南口そばのギャラリーで開かれています。今回は犒審╂と草木染瓩搬蠅靴神色展で,これまでのその構図と色使いで我々見る者に圧倒的な迫力で迫ってくる大作に加え、今回は優しい色合いの草木染のストールなどが展示されています。型絵染屏風のダイナミズムと対極にあるような、さまざまな素材から生まれた草木染の淡い色合いは私たちの心を温かく包み込んでくれます。

    その草木染のコーナーにはまるで絵画のような最新作「火焔土器幻想」が展示されていました。まずこれまでの大型作品と違っている少し小型のサイズ、本当に細かな線まで施されているのに屏風作品と全く表情が違います。この作品を前にこの作家の新極地を見たような思いがしました。ガラスの中に装丁されていましたので反射して素人にはうまく写真が撮れませんでした。どうぞギャラリーで実物をごらんになって見て下さい。常に進化し続ける九州でも数少ない型絵染作家・吉井梢さんの染色展は4月30日までです。

     

    会場の「ギャラリーおおみち」大分駅南口を出て右へ

    明日香美容専門学校の並び、道路の向こう側の黒い建物

    第1展示室

    この迫力!型絵染屏風の作品群

    「南風の浜」 いつ見てもこの構図と技には見惚れる

    第1展示場 「樹間の風」

    第2展示場 「生命(いのち)の波動」

    第2展示場 「幻夏」

    posted by: ちあやほーぶん | - | 07:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1514
    トラックバック