Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「言霊(ことだま)の幸う(さきわう)国」
0

    言葉の講座や朗読の講師をしている関係で、言葉に関する時代の流れや国の方針などにはいつも気をつけています。そこでチェックしているのが文化庁が発表する「国語に関する世論調査」です。いつもデータを調べているわけではありません。最近では2016年の「ら抜き言葉」に関する調査結果を調べました。その時は5年に1回、調査していると書かれていましたので何となく次は5年後の2021年だと思い込んでいました。「ら抜き言葉」に関しては5年毎でしたが期間は決まっていないという事に今回ネットで調べていて初めて気がつきました。現在掲載されている最新情報は昨年9月に発表された平成29年度の「国語に関する世論調査」の結果で、調査項目は「国語や言葉への関心」や「メールの書き方」「新しい表現や慣用句等の意味・言い方」などの6項目です。その第一項目にあったのが「日本語を大切にしているか」という質問でした。

     

    1)国語や言葉への関心

    ・日本語を大切にしているか

     

           大切にして  「大切にしている」 どちらとも  大切にしている

           いる      と思う      いえない   と思わない             

     H29年  24.4%   40.5%    26.8%   7.2%

     

     H27年  34.9%   43.6%    16.4%   4.9%

     

     H20年  38.1%   38.6%    18.4%   4.5%

     

      *「大切にしている」と思う以上の人が10%以上減っている

       「思わない」人が増えている

        (この例でみても何年毎という決まりはないようだ)

     

    5)外来語についての意識

     ・(a)漢字を用いたほうがいい (b)カタカナ語を用いた方がいい

     

     1、(a) 指 針        39.8%  (b)ガイドライン    33.2%

     2、(a)作業部会        39.0%  (b)ワーキンググループ 33.0%

     3、(a)  共同事業体         78.8% (b)コンソーシアム      7.6%

     4、(a) 訪日外国人旅行者 65.9%   (b)インバウンド      13.5%

     5、(a)  追跡調査          65.9% (b)フォローアップ      14.4%

     6, (a)  意見公募           58.0% (b)パブリックコメント   17.0%

     

      *英語でないカタカナ語より、まだ漢字の方が分かりやすい?

     

     

    6)新しい表現や慣用句等の意味・言い方

     

                 聞いたことがない 聞いたことはあるが 使ったことがある

                          使ったことはない

     1、ほぼほぼ完成している  31.0%   41.2%     27.3%

            *40代以下では4〜6割が「ほぼほぼ」を使っている

     

     2、開始の時期を

       後ろ倒しにする     42.5%   44.5%     12.3%

     

     3、上から

       言い方をされた      4.8%   37.2%     57.4%

     

     4、彼とは

       タメ口で話をする    12.6%   35.2%     51.4%

            *30代以下では8割以上が「タメ口」を使っている

     

     5、ガチで勝負をする    11.1%   46.9%     41.0%

            *20代以下では7割以上が「ガチ」を使っている

     

     6、自分から

       立ち位置を確認する   10.1%   40.5%     48.5%

            *20〜30代で7割が使っている

     

               ↓

        ・「ほぼほぼ」なんていう言葉が使われているのを初めて知りました

        ・「タメ口」や「ガチ」はそれなりの結果と受け取れましたが

         「上から目線」「立ち位置」などは文章の中で見かける印象が

          強かったのでこんなに多くの人が使っている現実にびっくり

        ・それにしても最初の「日本語を大切にしている」人が減ってきた

         という結果には、やっぱり、と同時にこれは問題だと思いました。

         ネットやITの進化と共にますます言葉を必要としなくなっています。

         しかし日本人にとっての猜豸讚瓩蓮崙本語」ですよね。

               ↓

         万葉集の「令和」の出典と同じ巻五に、日本を「言霊(ことだま)の

         幸う(さきわう)国」とうたった山上憶良の詠があるそうです。

         これは、言葉に豊かな力が宿る国、という意味だそうです。

       

         「幸う」という単語になじみがなく、三省堂の国語辞典で調べて

         みると「さきわう」:幸福になる、さかえる

                   (発音は「サキオー」とも)

         そして例文にもありました『言霊の幸う国』が。

     

     

    posted by: ちあやほーぶん | - | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1520
    トラックバック