Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
大塚東洋さんのライブ
0

    ずいぶん昔からの知り合いに大塚東洋さんというアマチュアミュージシャンがいます。串焼き屋さんを営み、その店で故・伊太刀山伝兵衛さんのライブを開き、プロレスのプロモーターとして活躍、もちろんご当人も弾き語りで歌います。シンプルにとつとつと歌うオリジナル曲には心が和みます。そんな彼がカナダへ移住したあと、あちらで病に倒れ大分に戻ってきました。大病を患ったので後遺症が残りリハビリを送る毎日ですがそんな彼の一番の療法は自分の歌をその時の体調に合わせて唄うことです。ハンディを負った彼を元気づけようと彼のライブには時間が許す限り出向いています。一人でも聞いいてくれる人が多いと気分も盛り上がるし健康にもいいですものね。今回は大分市東野台のトキハインダの1階にあるライブスタジオ「Seene」が会場でした。この日の東洋さんは新曲を含め5曲歌いましたがギターをかき鳴らす姿から生命力を感じ取れました。彼にとってこの活動が前に進むための大きな原動力になっているのがよく分かります。たださすがに4曲目あたりからスタミナが切れたようで声のパワーが一気に落ちていったのが気になるところです。声は徐々にでなくなっているが曲は次々にできているそうです。身体の機能の活性化のためにもぜひたくさん作って長く歌ってほしいと願っています。

    次に登場したのはふきのとうやオフコース、浜田省吾などのカバー曲を歌っている「TOPPO]さんです。5月の季節を歌ったプロのみなさんの曲を自分流にていねいにカバーして歌っていました。家庭的なあたたかな感じです。

    そしてこの日のトリは、年間100本以上ライブをこなしているという「翔べセイコー」さん。そういえばこれまで何度も彼の名前を目にしたことがあります。以前一度しっかり聞いたこともありました。正確で巧みなギターワークと伸びのある高音域の声、とても65才とは思えないエネルギッシュなライブでした。また歌う曲がいいですね。「部屋に感謝」に始まり、その日の会場のライブハウスを歌った「癒しの空間」、80代のおばあちゃんの詩に曲をつけた「リンドウ広場」などストリー性にあふれた7曲のオリジナルはプロはだしの迫力で聞く人々に迫ってきました。プロアマを問わず生演奏というのは生きた音楽ですね。

     

    狢臘妖賤劉

    当人もミュージシャン、ライブハウス「シーン」マスターの三浦雄太さん

    爍圍錬丕丕廊

    琅討戞.札ぅ魁辞

    posted by: ちあやほーぶん | - | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1526
    トラックバック