Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「已む」を読めますか?
0

    憲政史上初の儀式での安部首相の発言「願っていません」が問題になっています。

    4月30日に行なわれた「天皇退位礼正殿の儀」という重要な場で国民を代表して読み上げた「国民代表の辞」の末尾「末永くお健やかであられますことを願って已みません」の個所で「あられますことを願って」まで言って一瞬口ごもり、その後「あられますことを願っていません」と言葉にしたのです。これでは趣旨が全く反対の意味になってしまいます。

    「願ってやまない」の「やむ」は「已む」と書きます。十二支の「巳」と紛らわしい字なので、一瞬何と読むのかためらって「願っていません」と言ってしまったのでは、というのが識者の解説でした。でもおかしい、十二支の「巳」は「み」と読み「へび」の事で、「い」と読めるのは「亥」で「いのしし」のことです。ということは「巳」ではなかったか、あるいはこの字を読み間違ったかです。更にここもおかしい、「已む」は「已みます」その否定が「已みません」なので、送り仮名の「み」が入ります。「やみません」の「み」が抜けた「已ません」と書かれていたならあり得るかなとは思いますが天下の官僚がそんなミスをするはずはないし、こういう場では頻繁に使われる言葉です。そうなると一瞬の心の透き間から首相の本音がぽろっと出てしまった?まあこのケースでそんなことはあり得ないとは思いますが、何せ前天皇ご夫妻が沖縄に何度も足を運ばれたりパラオにまで行ったりするのを苦々しく思っていただろうと推測される安部首相です。いろいろ勘ぐられても仕方ないでしょう。ネットでは「漢字が読めなかった」はいい方で「江戸時代なら打つ首」だとか「戦前なら不敬罪だ」などすごい言葉が飛び交っています。

     

    ちなみに、こんな機会でもないと調べない「已む」という単語は

     

    「已む(やむ)」

     ,垢辰り終わりになる

       「倒れて後 已む」

     

    ◆_爾紡脳辰靴慮斥佞来る

         ↓

       そうしないですむ

       「やむなく」「やむなし」「やむをえない」

     

     「やむにやまれぬ」 そうせずにはいられな

      「やむにやまれぬ事情があって欠席した」

     

    とあり、漢字ではなじみが薄いが平仮名ではごく普通に使っている身近な言葉でした。

     

    この首相は昨年も国会答弁で官僚が書いたであろう漢字「云々」(うんぬん)を堂々と「デンデン」と読んでいる方です。私たち昭和の人間は優秀な子どもを「末は博士か大臣か」と言っていたものですが、その大臣、今では非常識な言葉は口にするし人間性を疑うような行動はとるしと信じられない言動で問題を起こしています。よくこんな人を選挙で通したものです、地元の人たちは。そのトップにいる人だからこんなことをやってしまう、悲しいことです。本当に下読みもなし、チェックもなしにこれほど重要な仕事をするのですか、民間では考えられない。私らも表彰状を渡すとき初見で読みますが事務方が受賞者の名前のルビを鉛筆で書いた付箋をつけてくれます。今回の文書はこういう公の場合ではよく使われる「已みません」という漢字ですし「云々」もまさか読めないとは事務方の官僚も思っていなかったので「るび」を振っていなかったのでしょう。とはいえ前もって目を通すのは常識だしそんなこともやってないとしたら、長期政権ゆえの箍の緩みは救いようのないところまで来ている。

    普段、言葉のセミナーで文字を音声化する時は絶対に「読まない」で「伝えましょう、話しましょう」と繰り返し口にしています。もちろん余程の時でない限り牴柴匹澂瓩鷲須です。当然、危ない文字にはるびを振ります。その上で内容を自分のものにし自分の言葉として伝えていたらこんなお粗末な結果にはならなかったでしょうに。気持ちがこもっていない言葉は軽薄なところで止まってしまいコミュニケーションが成立しません。国会でのやりとりを含め、いろいろな意味で今の日本の政治状況を暴露した事件だと思いました。この件に対しメディアはあまり取り上げないしご当人も何も言いません、そこも不思議です。ネットには「メディアも恥ずかしくて報道できないのでは」という声もありましたがその根底の取り組み方は問題にすべきではないかと思いますが。

     

     

     

     

    posted by: ちあやほーぶん | - | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1528
    トラックバック