Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
鳥越タカシ ライブ・旅の続き
0

    今年も19日の日曜日、雨のブリック・ブロックで「鳥越タカシ 旅の続きライブ」が開催され県外からのファンも含め大勢の皆さんが温かい声援を送っていました。珍しいことにはじめてタカシ君の弟さんとその息子さんも福岡から見に来ていてちょっとした緊張感でスタート、それよりも今回は何といってもピアノとの初協演が注目のまとでした。しかもピアニストは大分では名の知られた音楽一家・永見ファミリー姉妹の妹・響子さんです。響子さんはクラッシックピアノを教室で教える一方、ジャズピアノトリオのリーダーとしても活躍していますのでタカシ君のポピュラー系の音楽にもすんなりと入っていて、初めての協演とは思えない息の合ったタッチでタカシ君の歌を際立たせサウンドに厚みを持たせてくれました。ピアノは小さなオーケストラとよくいわれますが本当にその通りで音の広がりが違います。。これまで何度も聞いてきた弾き語りの彼のオリジナル曲が全く別の姿で立ち現われ新鮮な気分でタカシワールドに接し新たな曲のイメージに触れました。いつ聞いても何度聞いても心に届くおなじみの「酒電車」や「時計」などの他、その日は薬から難病にかかってしまった知人へのメッセージ曲「微笑みの国から」が何故かずっと心に残りました。そして「忘れえぬあなたへ」は今年に入ってFBでの再生回数11万回突破したのだそうですね、おめでとう。

    去年4月に同じ会場で演じた猯垢梁海瓮薀ぅ屬らパーカッションのマサキ君が加わりリズムを刻んでいますが、今回永見響子さんの生ピアノと電子ピアノが入り更に新たなステップを踏み出したタカシ君の旅はこれからも進化しながら続いていくことでしょう。

     

    第1部はタカシ君のパワフルな弾き語り

    東京に住む娘へのメッセージなど2曲を歌った:翔べセイコー

    グランドピアノと電子ピアノで素敵にバックアップ:永見響子

    左から

    ピアノ:永見響子

    Vo・G:鳥越タカシ

    パーカッション:Masaki

    ブルースハープ:ワイルドモアイ

    タカシ君が暮らしたバンコクの街中の様子を映したスクリーンをバックに

    この日のアンコール曲「バンコクの方すみで」を歌う鳥越タカシ

    posted by: ちあやほーぶん | - | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1529
    トラックバック