Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
シマアジとマダイ
0

    毎年、5月の最後の日曜日に大学の同窓生と釣りに行っています。釣りといっても私以外は年に1度のこの機会しか竿を持つことはないアマチュアの皆さんですので行先は私のホームグラウンド、津久見市保戸島の猜欷妖狙癲Τい猟爐衙扠瓩任后ここには天然魚のタイやイシダイ、シマアジなどの魚が入っていますので釣れた魚の引きは相当強く一匹かかれば十分に釣りの醍醐味を味わうことができます。

     

    最初は10人でスタートしましたが中には全く釣れないぼうずの人もいて(趣味でもない人にとって何も釣れないでは2回目は行きませんよね)年々参加者が減っていき去年はたった3人という寂しい会でした。今年は何とか5人そろい26日の津久見港始発、午前7時05分の定期船で保戸島に行ってきました。島に着いた時はくもり空で内心釣り日和と喜んでいたのですが1時間もしないうちに前日までと同じような晴天となりまるで真夏のようなギラギラ照りかえる快晴となりました。釣りにはそういう天候は悪条件ですが今年は運が良かったのでしょう、全員に40〜48僂離轡泪▲犬筌泪瀬い各自2〜6枚釣れ皆さん大満足の4時間を過ごしました。この会は完全にレジャーとして行っています。クーラーボックスだけ持っていけばその他の道具類は現地でレンタルできますしお昼の弁当も準備してくれます。参加者の中にはクーラーさえ持っていない人もいますが、今回買ってきたと初めて持参した友人が何とメンバーの中で最もたくさん釣り上げシマアジ3枚、マダイ3枚という釣果でした。帰りに奥さんの実家に届けるというし親せきにも配るというし彼にとってこの日は高級魚のお土産付きの最高の休日になったようです。

    大物の引きにリールがまけない、ハリを飲み込まれた、ウキ止めが移動し小物しか釣れない、釣れた魚をすくうタモの使い方がうまくいかずし水面で逃がしてしまう、等々ハプニングが起きるたびに走り回り忙しくも楽しい釣りレジャーの半日でした。ちなみに私の釣果はシマアジ4枚とマダイ1枚でした。

     

    写真の魚は二人分の釣果、後はすでにクーラーへ

     

    posted by: ちあやほーぶん | - | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1533
    トラックバック