Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「サ入れ言葉」 と 「い抜き言葉」
0

    今朝も雨、梅雨入りが遅れて強力な勢力でやってきたようです。そうか、カレンダーはもう7月に変わったのですね。ということはあっという間に今年も半分経過したわけでいやいや本当に月日が経つのは早い。

    さて、昨日に続いての話しです。

    「れ足す言葉」や「ら抜き言葉といえば「サ入れ言葉」や「い抜き言葉」というのもあります。

     

    「サ入れ言葉」

     ・サービス業の会話で時々耳にします。

      当人はていねいに言っているつもりでしょうが

      これは過剰な使い方で誤りです。

       「終わらサせて下さい」「しゃべらサせていただきます」

      使役の助動詞「せる」を付けるべき五段活用の動詞に

      「させる」がつながるため文法的にも誤りです

     

     「送らサせて下さい」→「送らせて下さい」

     「やらサせていただきます」→「やらせていただきます」

     

     ・文献調査で1970年代以降、関西地方で使われるようになった。

      90年代後半の関西の大学生調査では過半数が「違和感ない」と

      答えている。敬語表現として使い勝手が良いため抵抗感なく

      受け入れられたとみられる。

     

    「い抜き言葉」

     ・「食べられる」の「ら」を抜いた「食べれる」を「ら抜き言葉」というが

      一方「食べている」の「い」を抜いた「食べてる」を「い抜き言葉」という

     

       A:「今は何をしているの?」「クッキーを食べているの」

       B:「今、何してるの?」  「クッキー 食べてるの」

     

       Bの[い抜き」は「ら抜き」と同じように言葉に親しみを持たせてくれる

     

     ・「い抜き」はどちらかというとカジュアルな会話に用いられる

      「〜しています」の「い」を抜いて「〜してます」

        「今、友だちと電話してます」

        「さっき、テレビ見てました」

        「食事の支度してたから・・・」

                                 ↓

     ・厳密には、「泣く」「知る」「打つ」「売る」「持つ」「見る」などのように

      「い抜き言葉」になる動詞と

      「置く」「書く」「切る」「巻く」「読む」「投げる」などの

      「い抜き言葉」にならない動詞はあるが

              ↓

      会話ではごく普通に使われているし口語文(特にセリフ等)でも違和感なく使う。

      まさか、これを「い抜き言葉」というとは、という感じ。

     

     

    posted by: ちあやほーぶん | - | 06:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1550
    トラックバック