Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
話題の映画 『新聞記者』
0

    官邸とメディアの裏側を描いたサスペンス映画ということで公開を待っていた『新聞記者』をきのう観てきました。私が講師をしている朗読セミナーの受講生で中学3年の子どもの親でもある女性は主演の松坂桃李さんのファンなので観に行き予想もしなかった内容に引き込まれ是非子どもにも見せたいと感想を述べていました。

    この映画は政治の闇と人間の正義感、そして新聞記者というメディアの置かれた現状を描いたフィクションなのですが、私たちの住むこの日本では爛皀螢ケ問題瓩筬獨崚挂簑雖瓩覆豹深造明らかにされないままの政治がまかり通っている上、特定秘密保護法や共謀罪も存在し、すでに我々には隠された真実があることを知っています。そして映画の中では内閣情報管理室が実行する官邸にとって不都合な情報の隠蔽やたて突く者を抹殺する様子が詳しく描かれていて、これはフィクションではなくノンフィクションだととらえざるを得ませんでした。真相究明最前線の女性記者は現在官邸から取材拒否を受けている東京新聞の女性記者を彷彿とさせるし、劇中のTV画面にあの前川喜平さんまで出てきます。最後の方で高級官僚が口にした「この国の民主主義はカタチだけでいいんだよ」という言葉は残念ながら今の日本の現状を言い当てているようです。アメリカやヨーロッパではこうした体制批判を盛り込んだサスペンス映画はよく作られるが日本では珍しいと言われるほど、私たちは国の政治に異議申し立てをしない国民になってしまっています。なぜここまでなってしまったのか、恐ろしいことです。チラシの文面に「この国に新聞記者は必要なのか」とありましたが「この国にメディアは存在するのか」とも問われているようにも受け取れました。そしてもう一点、今度の日曜日は参院選の投票日です。私たち一般国民は投票という行動でしか政治に参加できません。ところがその投票率が年々落ちてきています。特に若い世代の皆さん。参院選の投票率をみると1989年は65.02%でしたが最新の2016年には54.70%にまで落ちています。しかもこの時の年代別の投票率は60歳代の70.07%に対して20歳代は35.60%しかないという現実、ここまで政治に無関心でいられる人たちの気持ちが私には理解できない。ご存知の通り、仕事やその他の用事が入っている人は期日前投票もできます。国民の最低限の責任も果たさないで生活が苦しいの、年金も含め将来が見通せないの、などと言っても犬の遠吠えにしかすぎないことを分かってほしいと切に思います。

    今回、上映館・シネマ5bisの支配人の田井さんが粋なはからいをしてくれました。21日(日)の参院選投票日の午前10時40分の上映回は一般入場料1800円を、投票会場でもらえる選挙来所カードまたは選挙投票証明書(こんな書類があることを初めて知りました)を提示すれば1100円に割引きするそうです。どうぞ当日は早めに投票に行きカードをもらって映画館に足を運んでみて下さい。25日まで上映中です。

     

     

    posted by: ちあやほーぶん | - | 07:04 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

    読み通すには一頑張りが必要かも。
    読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
    ネット小説も面白いです。
    | omachi | 2019/07/19 6:26 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.oita-bfcinema.com/trackback/1559
    トラックバック