Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
映画 『花のあとさき』
0

    埼玉県秩父市吉田太田部楢尾、山あいの段々畑にこつこつと一万本ものも花を植え続けた夫婦を中心に小さな村の人々の暮らしを記録したドキュメンタリー映画「花のあとさき」を観てきました。かっては養蚕や炭焼きが盛んで100人以上の人が住んでいた楢尾集落とそこに住む小林ムツさんを主人公に平成14年からNHKで放送された7本のドキュメンタリーシリーズを集大成した作品です。TVクルーが取材を始めた平成13年には5軒の家に9人が住み平均年令は73才。それから18年間、取材を続け今では全く住人がいない集落となりました。先人の苦労がしのばれる急斜面に石を積み上げて開墾された段々畑、人がいなくなり荒れ果てていくのは申し訳ないと老夫婦ふたりで花を植えていきます。福寿草・レンギョウ・ハナモモ・ヤマツツジ・アジサイ・モミジ等々。主人公の小林ムツさん、80才を超えても1人で農作業をこなし花の面倒をみます。笑顔がいいですね、可愛らしいおばあちゃんです。こうしてコロナ騒動で自宅から動けない人間にとって画面から伝わってくる大自然のすばらしさ、山の緑、山あいに広がる花々が咲く風景は心を和ませてくれます。現在、日曜日にテレ朝系で放送している高視聴率番組「ぽっんと一軒家」を思い出しました。日本全国にこうした人の住まなくなった限界集落が増え続けています。何とか早く手を打たないと取り返しのつかないことになりそうです。

     

     

    あまりないことですが映画を観たあと、夫婦そろって同じ言葉「こんな素材なのにもったいない!」が口をついて出ました。何といってもとてもチャーミングなムツおばあちゃんの人となりが一面的にしか描かれていないのが残念だったのです。おばあちゃんの歴史や素顔をもっと知りたかった。それから東京の人は秩父市と聞けばだいたいどのあたりかピンとくるでしょうが私には分かりません。帰って地図を見ると関東平野の荒川の源流域、群馬県や長野県に近い山間部に秩父市吉田という地名がありました。かなり標高が高そうです。集落のみなさんは急な細い山道を歩いて山仕事や畑仕事をしています、相当厳しい環境の中での暮らしのようですがその辺の説明が少し不足していたように感じました。ムツおばあちゃんが腰に手を当てて杖をついて山道を登る場面はありますが下りるところは映像に出てきません。急坂は下りる時が特に大変です、そんな姿から険しさが分かるのに・・・チラシにあるような花にあふれた全景写真はもっとたくさん見たかった。予告編や前評判から期待していたのと自分自身がTV局の出身だものでつい制作者の立場で観てしまいました。府内五番街、シネマ5で公開中です。

     

    posted by: ちあやほーぶん | - | 07:09 | comments(0) | - | - | - |