Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
映画『海の上のピアニスト』
0

    これは20年前に劇場公開され映画だそうですが描かれているのはもっと古い時代の、この世ではあり得ないストーリーの映画です。豪華客船の中で生まれ、その船から一度も地上に降りることのない人生を送った一人の天才ピアニストの物語「海の上のピアニスト」が20年ぶりに色鮮やかな4Kデジタル修復版として今、上映されています。

    まあとにかく、主人公の弾く恐ろしいほどの超絶技法のピアノ演奏には度肝を抜かれました。これは映画ですので実際に誰かが鍵盤をたたいているはず、と目をこらしてもチラシには載っていないし、映画のエンドロールも早すぎてよく確認できませんでした。劇中、彼の噂を聞いてジャズピアノの王者といわれるジャズピアニストが対決しようと船にやってきて競演します。そのジャズピアニストも震えがきそうなほどの腕前の持ち主でした。やはり音響が整った映画館で最新技術でリメイクされた音や画を見聞きするのは最高ですね。それから大揺れの客船内のホールであちらへ行きこちらへ行きと動き回るグランドピアノを弾き続けるシーンにはあ然としました。もちろんあれはフィクションでしょうが本当にああいう状況で弾いているように見えたのが不思議です。完全に映画の世界に引き込まれていました。

     

    尚、映画の上映後、館内でこの映画の音楽を担当したエンニオ・モリコーネの曲を演奏するフルートとピアノのミニコンサートがありました。大分県が主催し12月末まで公開されるイベント「リゲイン!おおいたアートシリーズ」の1回目の催しとして開催されたものです。映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネのよく知られた曲を演奏しましたがこの映画で奏でられた曲も2曲入っていました。映画館で聞く生の映画音楽というのもおつなもの、と思いながら席に座っていたのですが直前聞いた凄い演奏が強烈に耳に残っていて、比べる筋合いではないことは分かっていながらどうしても・・・、それと監督さんなどのトークショーでは問題ありませんがあのアンプ付きのスピーカーでフルートの音を再現するのはちょっとどうなんでしょう、電子ピアノとの音のバランスがとれていませんでした。ピアニストは知人です。少しは動員につながるかとその日に映画館に足を運んだのですが可哀そうでした。彼女たちはこの映画を観た上で出演をOKしたのでしょうか?よく受けましたね。誰だってつい比較してしまいます。こんな企画自体無理なのでは?

    映画『海の上のピアニスト』はシネマ5bisで今月23日まで公開中です。

     

    posted by: ちあやほーぶん | - | 07:11 | comments(0) | - | - | - |